くろふわ日和

黒ポメモコ・ゴロー・ゆずとのてんやわんやな日々の記録

何ということ
昨日の夜、一生懸命書いた記事を下書きにして、
朝方、公開にしたら、3分の2がぱっくり消えていた~~ガーン
気付いたのはついさっき。
その間遊びに来てくれていた方・・・・ごめんなさい


さて、昨日のお話です。
で遊んでいた所、感動的なお話に出会いました。

mixiのコミュニティで、『犬語が話せたら』というすばらしいコミュがあります。

そこで知った『犬の物語』です。
知っている方もいるかと思いますが、とても悲しい、辛いお話です。
こういう話が苦手な方、ゴメンナサイ
でも、きっと動物を飼っている方、これから飼おうと思っている方々には
知っていて欲しいな、と思っています。
なので、ぜひ読んでみてください。
心の準備ができた方・・・
みぎクリック



私の実家は、私が幼少の頃から、
ウサギ、ハムスター、リス、雑種の大型犬、中型犬、九管鳥・・・
と、色々な動物を飼っていました。

しかし、動物運がなく、どの子も、行方不明になったり
早くに亡くなったりで、長くは一緒にいられなかった。

その中で、ずっとひきずっている別れ。
小学校低学年~中学生まで飼っていた雑種の大型犬『ムク
との別れです。

私はまだ小さかったから
大きくて力のあるムクは怖くて、あまり近づけなかった。

私の家は自営業で忙しく、あまり散歩へは連れて行けていませんでした。
そしてお隣さんは学習塾だったので、時にムクはそこの子供にいじめられていた。

ムクはちょっと大きくて、ちょっと力が強かっただけ。
遊んで欲しくて、かまって欲しくて、
人が通るとよく吠えた。
人が近付くと、飛びついて、遊んで欲しいと喜んだ。
その行為がちょっと行き過ぎた。

2人の人を噛んでしまった。
ひとりはムクをイジメていた子。
怖かったんだと思います。

その後違う土地へ引っ越し、安静な日々が続いたのもつかの間
あまり近付かないようお話はしていましたが
近付いた近所のおじいさんにじゃれついて、とうとう怪我をさせてしまいました。

ムクは、保健所へ連れて行かれました。

父が大好きだったムク
初めてふたりでお出掛け。
嬉しかっただろうな。
子犬の頃、あちこち連れて行ってもらって、いっぱい散歩へも行って、
たくさん遊んでもらった頃を思い出して、何処へ連れてってもらえるのだろう?
と、ワクワクしながら、父について行ったんだろうな。
また、遊んでもらえる。いっぱいいっぱい体を撫でてもらえると信じて・・・。

でも、ムクは、ひとりぼっちにされてしまった。
大好きな家族と引き離されて。
暖かい場所なんてどこにもない。
寂しかっただろうな。怖かっただろうな。

それでもずっとずっと、大好きな家族が、いつか迎えに来るのを信じて
最期まで待っていたんだろうな。



モコゴロと暮らすようになって、毎日ムクを想う。

モコゴロが嬉しくてビヨーンと飛びついてくる時
ムクも、嬉しくて、遊んでほしくて、飛びついてきていたのに。

モコゴロが散歩で嬉しくて無邪気にはしゃいでいる時
ムクも、滅多に行けない散歩が楽しくて「早く行こうよ!」って
ちょっと引っ張ってみただけなのに。


ごめんね、ムク
寂しかったよね。辛かったよね。愛されたかったよね。

もう二度と愛するワンコに、こんな思いはさせない。
いっぱいいっぱい愛してるよって伝えるんだ。
いっぱいいっぱい抱きしめてあげるから。

だからムクも、
私の所へいつか戻っておいで。

今度はいっぱいいっぱい愛してあげるから・・・。

初めてムクの事を文章で綴ってみた。
涙が止まりません。


そして、もうひとつ。
悲しいけど、心温まるお話。
コチラをクリックしてみてください。

すべての可哀相なワンコに奇跡が起こって欲しい。
そう願います。

ムクにあんな生涯を送らせてしまったこと
後悔ばかりしていても、もう過去には戻れません。

以前ぴっちさんのブログでも言っていましたが

一頭でも多くの命が救えるように、出来ることから少しずつ、
活動に関わっていきたいと思います。

まずは募金だな・・・・。


IMG_3776.jpg
ムクおじさん、いつか一緒に暮らそうね・・・。


長々と、読みずらい文章を最後まで付き合っていただきまして
ありがとうございます

とっても暗い内容になってしまいました

では、これからも宜しくお願いします



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ    
ポチっとよろしくお願いしますm(..*)m


スポンサーサイト
テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット
コメント
お邪魔します♪
色付きの文字こんばんわ。
いつ見てもめちゃめちゃラブリーなぽめたんですねv-10

紅音のトコ、コメ欄なくてごめんねv-421
探せば一応あるんですけどね・・・(笑)
ポメたん&チワワんは、仮名ですv-290
こて君は本名ですv-354

又、遊びにきま~す。 紅音でした。e-241
2007/12/18(火) 22:03:59 | URL | 紅音 #-[ 編集]

ばっくり消えていた文が、こんなにツライお話だとは・・・(´;ω;`)ウゥゥ
何がツライって・・・ムクくんはもちろんだけど
数十年(十数年?)経って、今尚心を痛めているpompogさん。
(以下長文コメントお許しください)

当時はまだ子供だもんね・・・わからないこともあっただろうし
何より昔は今ほど家庭で犬を飼うってことに
ここまで神経質じゃなかった時代だと思うの。
玄関先に繋がれて飼われているワンコが大多数だった。
“しつけ”だって今ほど真剣に考えてペットを飼ってる人いたのかな?
興奮させすぎないように。噛み癖を矯正する。
お散歩はリーダーウォークを徹底させる。とか・・・
今じゃ普通に飼育本とかに掲載されているけど。
当時、動物を愛護する法律ができる。なんて考えもつかなかったでしょう。
故に起きてしまった悲しい事実だけど、それでも今
pompogさんの手元にいるモコゴロちゃんは愛情いっぱいに
こんなに大切に育ててもらって、家族として愛されて・・・
ムクくんのことがあったからこそ、今モコゴロちゃんと生活しているpompogさんがいるんじゃないかしら?
2007/12/18(火) 23:59:45 | URL | kazu #eFolqCLc[ 編集]

午前中に覗き『犬の物語』読んで 泣かせてもらいましたi-241
やっぱり 切れてたんですね・・・
ハムスター辺りで 切れちゃってましたよねi-229
こんな 続きがあったなんて・・戻ってきて良かったi-201
あの時言っていたツライ経験とは この事だったんですね・・・

泣かないで・・・私達が体験したことは、私達を ただ
『悲しませるだけの出来事』だったのでは ないハズ。

再び動物を飼う時の心構えとして、決意として
強く私の心に影響しています。

この悲しい思い出があるからこそ 今、モコ&ゴロちゃん・Tonを
幸せにしてあげられるんだと思いますよ。

Tonと生活するようになって 昔のコトを度々思い出します。
ずっと 忘れたかった記憶も、今では忘れてしまわなくて良かったと思ってます。

よそ様のブログで 熱くなっちゃった ゴメンなさいv-435
2007/12/19(水) 03:58:42 | URL | ぴっち #-[ 編集]

「犬の物語」はまだ心の準備ができてないので
夜にこっそりひとりで読もうと思います。
pompogさん、この思いをずっと引きずっていたのですね。
私もそうです。私が4歳から19歳までいたポメは
病気に気付いてあげることができませんでした。
前の飼い主が病気になって引き取ったポメなので、
すでに成犬で、病気やしつけも全然知りませんでした。
私の親も犬は飼ったことなかったので、詳しくは知らなかったようです。
知らなかったなんて、言い訳にしかならないけど。
最期の1年はガンとの闘いだったけど、大学に入り
遊んでばかりいた私は、最期も一緒にいてあげませんでした。
あづきの幸せそうな顔見るたびに、懺悔の念が浮かんできます。

ペットとの付き合い方は、この十年くらいでめまぐるしく変わってきました。
今は、野良犬を見かけるこのもないし、大型犬も室内飼いが普通です。
その当時は、それ以上人間を傷つけないために、
その当時なりの最善の方法だったんじゃないでしょうか。

2007/12/19(水) 15:08:33 | URL | たぁふぃ〜 #-[ 編集]

私も動物に囲まれて暮らしてきました
でも子供だった私は自分で育てた記憶がありません
やはり後悔する別れもありました
もう死ぬと分かってるその時にそばに居てあげれなかったんです・・・というか見たくなかったんです

今初めてポポの子育てをしています
本当に大変な事も多いけど、それより上回る楽しい事が多いです

ポポとお別れする時は(考えたくないけど
最後までそばに居てあげようと思います

皆それぞれいろんな経験をしてきてるんですね
pompogさんも辛かったでしょう・・・
でもその経験があった上で今縁があり家族になったのだから
出来る限りの事をしてあげたいと思っています
お互いが幸せになるよう頑張りましょうね
2007/12/19(水) 16:05:56 | URL | ポポママ #-[ 編集]

「犬の物語」はまだ心の準備が出来ていなくて、読みに行ってません。いつか、心の準備ができた時に・・・。

ムク君のお話を読んで、涙が出ました。(仕事中なので頑張って我慢しましたが)
pompogさん、ずっと胸を痛めていたんですね・・・。

我が家にも、私が小さい頃犬が居ました。大きくて黒くて・・・小さい私には少し怖かった記憶があります。本当の意味で「番犬」として外で飼われていました。
小さかったので、あまり記憶にはないですが、あの子は幸せだったのかな?外で目いっぱい遊んでもらえていたのかな。。。
最後は外でひっそりと息を引き取りました。病気だったのか、老衰だったのかすら判らず。。。
今の様に、犬を人と同じ様に扱っていなかった時代とは言え、やはり思い出すと胸が痛いです。
他にも、私も色々な動物を飼ってきたので、胸が締め付けられる別れもたくさんありました。

皆さんそれぞれ、色んな経験をされてるんですね。
この経験があるからこそ、命の大切さを理解し、家族になった小さな命に溢れんばかりの愛情を注ぎ、幸せな人生になるように、出来る限りの事をしているんだと思います。
ぴっちさんも仰ってますが『悲しませるだけの出来事』ではないと思います。

pompogさんや家族皆さんの想いは、天国のムク君にきっと届いているはずだと思います。
2007/12/19(水) 17:07:58 | URL | ミニママ #-[ 編集]

v-378紅音さんへ

そうなんですかぁe-317
コメント欄あるんだぁ。
探してみますe-266

ポメたんチワワんは仮名なんですねe-330
でも、その名前でも可愛いですよねe-420
私もまた遊びに行きますね~~v-290

v-378kazuさんへ

kazuさん、温かいコメントありがとうございますe-466
本当にkazuさんの言うとおりですよね。
当時は立派な血統書ワンコでも外で飼われている事も
ありましたもんね。
今ほどしつけに関しては、真剣に、しっかり考えてる人は
少なかったのかもしれません。

でも、確かにムクのことがあるから、モコゴロには
精一杯の愛情を与えてあげたいと思うし、
二度とあんな悲しい思いはさせたくないと思うし
命の重みも真剣に考えるようになったとは思います。

今も悲しいお話はたくさんあるけど、昔よりも飼い主の責任も
重く考えられるようになってきているので
悲しい思いをするコ達がいない世の中になって欲しいです。

v-378ぴっちさんへ

戻ってきていただきまして、ありがとうございます。
そして、優しい言葉、本当にありがとうございますv-406
またうるるん・・・v-409

そうですよね。
ムクにはとてもとても辛い思いをさせてしまったけれど
その記憶があるからこその今なのかもしれません。

きっと、忘れてしまったら
ムクや、ぴっちさんの記憶に残るコ達の想いが
報われないですよね。

でもやっぱり思い出す度に心臓がギュギュってなります。
その思いと向き合っていくのも、大切な事ですよね。

おっと・・・私もまた熱くなってきた・・・v-356

v-378たぁふぃ~さんへ

たぁふぃ~さんも、悲しい経験があったんですね・・・。
でも、昔は今みたいに、v-286の健康診断とかもしていなかっただろうから
病気に気付いてあげることなく、
気付いた頃にはもう遅かった。
とかはけっこうあったんでしょうね・・・・。

ムサシくんの写真と並んでいたポメちゃんの写真が
そのコなんでしょうかね??
だとしたら、写真が並んでいるだけで、とても大切に
されていたんだろうな、と伝わってきました。
最期に一緒にいてあげることができなくても、
きっとたぁふぃ~さんの気持ちは届いているはず・・・。

そして、たぁふぃ~さんも、その経験があるから
きっとあづきちゃんには同じ経験はさせないように
気をつけてあげれるし
あづきちゃんも、幸せいっぱいなんだと思います。

おっと・・・また涙が・・・・。
お互い、私達より短い命、大切に、幸せだったな
と笑顔で最期を迎えられるように
精一杯愛してあげましょうね~~v-409

v-378ポポママさんへ

温かいコメントありがとうございますv-406
ポポママさんも、色々な別れを経験されているんですね。
言い訳みたくなっちゃいますが、
子供の頃は、動物を飼いたがるわりには
躾や世話は親任せになってしまって、
良いトコ取りというか・・・・ツライ事には背を向けていたような気がします。
結果、こんなに後悔が残る別れをしてしまいました。

大変な事から目をそらしていたから
今、手をかけて育てているこのコ達みたく
愛情を注げなかったのかな・・・??

でも、きっとその記憶があるからこそ、
このコ達にはそんな思いをさせたくないと、
大事に大事にすることができるんですよね。
ポポちゃんはとても幸せそう。
モコゴロも幸せそうな顔してるかな・・・・・・

v-378ミニママさんへ

優しいお言葉、ありがとうございますe-466
昔は外犬が多かった時代ですもんね。
きっと、ミニママさんの飼っていたワンコのように
亡くなっていったコ達も少なくなかったんじゃないかと思います。
祖母の家で飼ってたワンコも、外でひっそりと亡くなりました。
でも、そのコは、ムクと違って、祖父祖母の愛情をいっぱい受けて、外犬だったけど
伸び伸びと、幸せそうでした。

外犬でも、幸せに生涯を終えるコ達もいるのにな・・・
と考えると胸が苦しくなります。

でも、ミニママさんの言う通りですよね。
この経験があるからこその今ですよね。

今も悲しい思いをしている子達が絶えないけれど
少しでも多くの子達が幸せになれればいいな・・・
皆さんのような温かい心を、世界中の人達
ひとりひとりが持っていれば、こんな悲しい事
起きないのにな・・・と思いますよね。

2007/12/20(木) 23:56:10 | URL | pompog #-[ 編集]

ふぇ~んv-406

コメント・・・なかなか出来なくって今になっちゃったぁ~e-263

ムクちゃん・・・pompogさんに今そう思ってもらえてることが、とっても救いですよv-353
きっと今、虹の橋でpompogさんの思いを聞いて、許してくれてますよv-353

以前は、ワンコは番犬・・・って言うのが定番だったからねぇv-286

私も北海道出身なんですが、やっぱり秋田犬を飼ってました・・・。
でも、愛玩犬とは事離れた待遇だったよ・・・。

雪が降っても外に繋がれていて、お散歩なんて全くしなかったもん・・・。

すっごく田舎だったから、時々リードをはずされて勝手に散歩して来い!っていうことがあった。。。

今思うととっても恐ろしいことしてますよねぇ。

そして、その子が5~6歳の頃、父の仕事の関係で上京することになって、親戚の家に預けられたの・・・。

そのときは、何とも思わなかったんだけど、ワンコにとって何て惨いことをしてしまったんだろう・・・って、私も今になって思い返します・・・。
寂しかっただろうな。 悲しかっただろうな。 心細かっただろうな。 本当にごめんね・・・だね。

でも、三年ほど経って北海道に遊びに行ったとき、もう忘れてるだろうな・・・って思いながら、逢いに行ったらまだ100メートル以上も離れているのに、ず~っとこっちを見てるの・・・。
だんだん近づいて行くと大きな体で「ク~ンク~ン」って泣きながら、しっぽを振って出迎えてくれたよぉv-409
思いっきり飛びついてきたよぉv-409

わんこは、けなげだね・・・。
でも、またお別れしなきゃいけなかった・・・。

あ~・・・ごめんねぇv-356
こんなに長々と書き込んじゃったぁ・・・v-356

私たちは、その分も今の子達を大切に、愛情をいっぱい持って、育ててあげなくちゃいけないんだよねv-344

お互いに、ムクちゃんの分もチェリー(秋田県の名前)の分も、今のこの子達を大切にしていこうねv-238
2007/12/21(金) 14:04:41 | URL | みゆ #-[ 編集]

pompogさんは、つらい出来事なのに忘れちゃえば楽なのに、ちゃんと心に残していて。。。きっと、ムクに伝わってます!!
ほんと最近になって”犬を飼う”概念が変わりましたね。今は飼うなんていったら、(私もですが)一緒に住んでるの!と怒られます。

私も小さい頃からそばにはわんこがいました。
小さい頃は姉妹みたいに遊んでましたが、高校生くらいからは家を空けることが多く、結局、親が面倒見てました。自分で世話できるからって駄々こねて飼っていたのに。。。


しばらくして、毎日ご飯をくれていた母が家を出てきました。

私も家をでました。

それから5年、家族が減った家で息を引き取るまで私は会うコトができず、とても後悔してます。

きっと、あの子も寂しかったと思います。。。
なんで、帰ってこないの?って思っていたと思います。

最近は、私に子供ができて、赤ちゃんばかりに気を取られて、モコと林檎には寂しい思いをさせちゃってます。
私も、後悔をしないように愛情を注ごうと、改めて思うことが出来ました。

pompogさんも愛するモコちゃんゴロちゃんと大切な時間をすごしていきましょうね。
2007/12/21(金) 17:15:32 | URL | mocoringo #-[ 編集]

v-378みゆさんへ

温かいお言葉、ありがとうございますv-409
うぅ・・・・・・なんて健気なんでしょう・・・チェリーちゃん・・・・v-406
勝手に散歩って・・・・すごい・・・・。
三笠っていってましたよね。
確かに広いけど・・・・・v-356
でも昔はきっとそんな事がたくさんあったんでしょうね・・・。

私も、次に飼ったワンコが、とても忠実で、1年位飼っていましたが
誰かに首輪をはずされて、いなくなってしまいました。
そのコがちょっと離れたお家で飼われていたのを
見つけて、近づいた時、嬉ションしちゃう位喜んでくれました。
でも、ウチにいるより、幸せになれるからと身を引きましたが・・・。

いつまでも覚えていてくれるワンコ達・・・。
だからこそ、いつまでもあの子達は飼い主への想いを
引きずるんだろうなと思います。
本当に、大切に、たくさんの愛情を与えてあげたいですよね。

v-378mocoringoさんへ

mocoringoさんも、悲しい思いをしてきたのですねv-356
同時に、当時のワンコ達も、なんて悲しい思い、辛い思いをしてきたのだろう・・・・
と思うと胸が苦しくなりますよね。
今の、ペットブームも、決して良い事ばかりじゃないけれど
幸せなワンコ達が増えた事は、とても嬉しい事でもありますよね。

きっと、『犬の物語』でも書いてあったように
mocoringoさんがとても愛するkanonちゃんを、
mocoちゃんとringoちゃんは、
同じように愛そうとしているはずですよねv-290
mocoringoさんがmocoちゃんとringoちゃんに悲しい思いをさせていると思う
その気持ちだけできっと、愛情は伝わってるはず。

ワンコ達は私達よりはるかに短い人生ですもん、
後悔の残る別れは二度としたくないですよね。

精一杯幸せにしてあげたいですね。

2007/12/21(金) 22:59:00 | URL | pompog #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pompog.blog102.fc2.com/tb.php/56-3f1b30b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック